つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

幾何学に桜のウール長着(タートルイン)

 

今日は化繊交じりっぽいウール着物を着ました。

グレーの幾何学柄なんですが、淡い空色と桜色の花の模様入り。桜なのか梅なのかと考えながらじっくり見ていたら、色違いの花と思い込んでいた模様の形が微妙に違う事に気付きました。空色の方はお花じゃなくて葉っぱ(おそらく楓)。柄のデザインをした人の遊び心が感じられて、更にこの着物が好きになりました。(桜色の方は梅にも見えるし桜にも見えるけどこの際どっちでもいいかな…かわいいしw)

 

f:id:aki67:20140414181404j:plain

地味w

 

着物も合わせている薄手のタートルも地味色なので、真っ赤な帯を合わせました。先日の桜柄の袷と同じ帯の裏側です。ベトナムの織物を使って自作した物なんですが、他所の国の生地なのに違和感ゼロ。というか、しっくりき過ぎてなんだか不思議です。

 

この着物はリサイクルショップのリメイク向け激安コーナーで買った物ですが、傷みもなく身丈も足りているので着やすいです。でも裄がちょっとだけ短い…。縫込みを確認すると3㎝位までなら出せそうなんですが、裄出ししすぎると目立ちそうな生地の柄、そして質感。肩が尖がってしまう位ならこのままの方がいいので、時間のある時にゆっくり考えてみようと思います。

 

広告を非表示にする