読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

洋裁式で縫う浴衣 その3 (襟下寸法に驚愕、、、裾上げやり直し)

単衣 浴衣 木綿&麻の着物 縫い物

 

暑さにダウンしつつ、手縫い部分をチマチマ縫い進めてる綿麻浴衣。襟つけが終わって、裾上げと片方の袖のまつり縫いを終わった所で試しに羽織ってみました。

 

・・・????

 

・・・?????!!!!!

 

・・・衿先が腰紐に掛からない orz (ショックで画像撮り忘れました・・・)

 

衿先が掛かるように腰紐を巻くと、ありえない位に高い位置に・・・。コレじゃどう頑張っても裾を細くを保つのは無理。ぇえ~~?!って思いつつ一旦脱いで襟下を計ったら90.5㎝もあって驚愕。(目安は身長の半分程度。・・・181㎝って、、、アンタはバレー選手か?って感じ)

 

ここでやっと裁断の時の事を思い出しました。ピン打ちして型紙を生地に留めながらちょっとずつずらせてカットしたので、念の為にちょっと長めに切ったんだった。。。

 

気を取り直して一般的な(・・・かどうかはよくわかんないけどネットで検索するとよく見かける)最大値の83㎝でピン打ちして試しに羽織ってみました。(サンドレスの上にそのまま羽織りました)

 

f:id:aki67:20150720183605j:plain

腰紐は自分的に巻きやすい位置。コレだとちょっと短い。

 

f:id:aki67:20150720183607j:plain

でも他の部分のサイズはいい感じ。

 

水通しはガッツリしたけど、お洗濯でもう少し詰まる気がするし・・・86㎝位が妥当かと。この際だから内揚作ろうかな?って気もしたけど、襟をつけ直す方が面倒なので裾上げやり直しです。頑張って表に響かないようにまつったんだけどなぁ。。。でも間違えちゃったモンはしょうがない。再びチマチマ頑張ります。