つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

ホワイトヘア計画 妥協しつつ続行中

 

少し前のブログに書いたホワイトヘア計画。ただ途中が汚いのは勘弁…って事で先日、表面だけ染めている髪色を抜きました。(脱色剤は凄く傷むし、元の色まで抜けちゃうとまた段差が出来ちゃうので、染めた色だけを抜く脱染剤を使いました)

 

でも黒系のカラーってしぶといんですよね。かなり前に一度だけ市販のカラー剤を使った部分が毛先に残っていて、そこだけが赤茶で他はオレンジ、根元5cm強は地毛(白髪率高め)っていう訳の分からない状況に…。(ものすごいヤンキー色だったので画像は自重)

 

もう一度脱染しようか迷っていたけど、やっぱり傷みが気になるので、毛先をカットしてからカラーバター(色のつくトリートメント。白髪用ではないけど白髪も染まる)を使って色を落ち着かせてみました。

 

f:id:aki67:20151211213951j:plain

生乾きだし白熱灯の下だけどこんな感じ。(画像の色調整はこれが限界)

 

髪をとかして表面だけを見せているので全体がこの色に見えるけど、内側はかなり薄い色になってます。表面の毛束を上手く取って色の濃淡を付ける事も出来るみたいだけど、今回は初めてなのでしっかり混ぜたものをぺったり塗っただけ。でもベースの髪の色に差があるので勝手に濃淡がつきました。(衝撃?の内側の髪の色はそのうち…)

 

カラーバターはトリートメントなので髪の傷みません。っていうか髪のコンディションが良くなります。派手派手カラーもいっぱいあるけど、私は色を落ち着かせつつホワイトヘアに移行したいので、選んだのは下の3色。(混ぜれば好きな色を作れます)

f:id:aki67:20151211213950j:plain

パープルは色調調整用。基本的にはシルバー系2色を使いました。

 

今回の配合は「プラチナシルバー2に対して925シルバーが1、ライトパープルはほんの少し」。初めてなのでやや弱気な配合になってしまったような…。まだオレンジっぽさが残っているので、次回はプラチナシルバーと925シルバーを半々にしようと思います。

 

f:id:aki67:20151211213952j:plain

これも生乾き。(カラーバターが脱染の傷みをなんとなく補ってくれてる感)

 

今回使ってみて、濃い藍色を少し入れた方がオレンジが消えるのかな?て思ったけど、結構いいお値段なのでポンポン買える訳でもないしなぁ。(とか言いつつ定価の3割引きで買いましたがw)

 

画像は生乾きの状態ですが、この後ドライヤーを掛けたら髪がサラサラになって一安心。(色がビミョーなので艶までなくなったら完全アウトだし…。) まだオレンジっぽさが残っているけど根元との段差はかなりぼかせてるっぽいし内側は白いまま。カラーバターは徐々に色が抜けていくので、半月に一度くらい集中トリートメントって感じで使って毛先だけカットしていけば自然に移行出来ると思います。

 

色調調整に使ったライトパープルは内側の一部(耳に掛けてちらと見える程度)にガッツリ入れちゃおうかな?なんて思ってます。トリートメントで薄めて使う事も出来るので、ホワイトヘアになった後も黄みを消すのに使えそう。この色は買って正解だと思ってます。

 

髪の伸びも気になっていたので(着物の襟に掛かるけど2ブロックなので縛れない)、切れてよかった。気持ちもまぁまぁスッキリ出来たので、体調を見ながらまたおうち着物したいです。