読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

時代で変わる着付けに思うこと(昭和以前の着方に興味津々)

最近、江戸末期~明治・大正時代の着物の着方が気になっています。半襟を多めに出して帯位置高めで特に前下がりでもなく(どちらかというと前上がり気味)、全体的にゆったりした感じなんですよね。

 

江戸末期

f:id:aki67:20160121221446j:plain

坂本龍馬さんの奥さま。(おりょうさん) ※画像は拾い物です。

 

f:id:aki67:20160121234257j:plain

こちらの皆さんも着物の襟の合わせ方が浅いですよね。(※画像は拾い物)

 

上の2枚はどちらも着物の襟の合わせ方が浅く、結果的に半襟がたくさん出ています。おりょうさんの帯は前上がりではないけど位置は結構高めじゃないかなって。おりょうさんは華奢で胸がスッキリしてるけど、縁側の皆さんは黒い掛け襟とか髪型的に江戸時代だと思うんですが、胸が帯に乗っかってるけど特に老けた感じでもなく自然。

 

明治~大正時代 

f:id:aki67:20160121221855j:plain

絵葉書の女性。夢二の画みたい。(※画像は拾い物)

 

こちらは明治~大正だと思います。この頃の着方って極端な言い方をすれば帯で胸そのものを押さえちゃってる感じ。で、半襟たっぷり。白蓮さんもこういう着方ですよね。

 

f:id:aki67:20160122094719j:plain

白蓮さん。半襟の出し方が半端ない。(※画像は拾い物)

 

f:id:aki67:20160122095228j:plain

白蓮さんといえば村岡花子さん。同じ着方ですね。(※画像は拾い物)

 

半襟を多めに出す着方って、凝った刺繍半襟が流行した事と切り離せないけど、身幅タイトめな着物を着ると自然と襟の合わせ方が浅くなって、結果的に半襟が多めに見えるって事もあるんじゃないかと。

 

私はリサイクルの小さめ着物を着る事も多いんですが、半襟を細く見せようとすると身八ツ口が思いっきり開いちゃう。足りない分をどちらでごまかすかって考えたら、脇に寄せて襟元の不足分は半襟に頑張って貰う方が自然。で、こういう場合は帯位置も高めにしておかないと脇が見えちゃうし着崩れやすいんだろうなぁ…と。(推測)

 

※余談ですが、「花子とアン」で蓮様を演じた仲間由紀恵さん。華やか着物&巨大な髪結いで再現率120%って感じでしたよね。フィクションなので白蓮さんはあくまでもモデルって事でしたが。放送当時は特に感じなかったけど、大正期の着方が気になっている今改めて見ると、不自然じゃない程度に現代風アレンジした着付けだなぁって感じました。(ケチつけてるとかじゃなく、単純に面白いと思って。)

 

昭和の着物と私の着方 

私が持っている着物は大半が昭和の庶民着物のリサイクル品で、着付けもきちんと習った事がないんです。本を見たり祖母が着てたのを思い出したりしながら今も試行錯誤している訳ですが、最初の頃は本で見た通りに補正を入れてキッチリ着ようとしていました。(礼装っぽくしようと思ってた訳じゃないけど)

 

お茶を習う訳でも日舞をする訳でもなく、単に着たいから着るって感じ。ちょっとずつ慣れてきて、自分なりに省けるところは省いたり、思いついたことを試したり。でも基本的には昭和以降の着方なんですよね。お手本にしてるのが昭和以降の本なので当然っちゃ当然ですが。

 

昭和以前の要素もちょっと取り入れたい 

でも昭和よりもっと前の着方(厳密に言えば昭和後期以降の特別感のある着つけじゃない着方)も試してみたいなぁ…と。キッチリ直線的じゃなく柔らかい感じで、樽みたいにデーーン!!としたシルエットじゃないところがいいと思って。昭和前期とか明治・大正っぽいバランスで柔らかい感じに着て、だらしない感じにならず、本人も楽なら言う事なし。

 

自分的にはおりょうさんの着方とか縁側の女性陣みたいな感じが理想。絵葉書の女性のとか、白蓮さんの着方はこのまま取り入れるのはちょっと難易度高そう…イメージとして参考にする感じかなぁ。(でも夢二の画っぽくてステキ)

 

そもそも着物自体がどこかコスプレみたいな物だし、着物着ない人から見たら大差ないような気もするしw 私はボブカットなので衣紋の抜き具合etc.バランスを工夫する必要がありそうだけど、「時代感満載なアンティーク着物を着る」っていうのとは別の方向で、大昔の着方をミックスするお遊びも楽しいんじゃないかなって思います。

広告を非表示にする