読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

かぎ針編みの茶羽織 再開

去年編みかけで止まっていたかぎ針編みの茶羽織。出来上がっても着ないような気がしてきて別の物に編み直そうか迷っていたけど、やっぱり編む事にしました。 

f:id:aki67:20161029202101j:plain

後ろ身頃は完成、コレは前身頃の1枚目。

 

最初に編んでいた抹茶の混ざり毛糸の物(「すてきにハンドメイド」掲載の「ニットのはおりもの」)は糸が足りずショールになり、次に編んだのはポンチョ。なので、まだ茶羽織は1度も完成させていないんですよね。。。

この茶羽織も毛糸の量が足りなくて丈を詰めたり平面的な模様に変えて編み直したり。買い足しが出来る毛糸なら素直に買いに行くんですが、かなり前の商品なので同じものが手に入らないっていう。

小細工してもギリギリっぽいけど、やっぱりちゃんと形にしたいと思って。

 

コレを編み始めた時点では完全にかぎ針編みの気分だったんです。今になるとなんでそこまでかぎ針にこだわったんだろ?って感じなんですけどね。

 

ま、今シーズン中に出来上がるようにチマチマ編もうと思います。

広告を非表示にする