つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

玄関の飾りを秋バージョンに

着画で時々写り込んでる折り紙のくす玉を秋色に。

f:id:aki67:20170918144353j:plain

100均の和紙折り紙を使用

 

今までの物は初夏~夏のイメージで色選び。(コレはカラーのブロックメモで折りました)

f:id:aki67:20170918144354j:plain

ビミョーに違う色だけど同じ色にしか見えないw

 

今まで折ったくす玉は引っ越し前に図書館に寄付したので、上の4つはこちらに来てから折った物。いろんな形のくす玉があるけど、結局この形がいちばん好きなんですよね。カールさせてる部分に厚みがあってしっかりしているし、柄物の折り紙でも比較的スッキリ見えるし。

パーツ折りは地味な作業だけど、頭を空っぽにするにはもってこい。…って、気持ちが乗っていない時はすぐに飽きちゃうんですけどね。

 

柄つき折り紙は普通サイズ(15㎝四方程度)の物の方が圧倒的に種類が豊富なので1枚を4等分しています。パーツは30個必要…って事は同じ柄が8枚入っていればOK。この和紙折り紙は両面印刷(片側は無地で色付き)でなんだかもったいない気もしたけど、色合いが秋のイメージなので使っちゃいました。

 

今回は2つを一度に替えたけど、1つずつ入れ替えるものいいかな。季節が進んだら次の季節っぽいのを一つ入れて、古いののを一つ抜く。季節に合った着物に小物から少しずつ変えていくみたいな感じで。

 

まぁ、あんまりたくさん置くとごちゃごちゃするしお掃除も面倒。置くとしても同じサイズであと2個くらいまでかなぁ。気が向いた時にまたちまちま折りたいと思います。