つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

どちらも黒地にラメ入り ウール着物にクリスマスのニトリ帯

今日はラメ入り同士の組み合わせ。

f:id:aki67:20211205110542j:plain

地色が黒なのでラメ入りでも派手じゃない(と思う)

 

黒地×ラメのコーデ

柄部分がラメのジャガード織りのウール着物は対丈か腰紐を下げるか迷う程度の小さめサイズ。今日は隠しおはしょりの対丈で着るつもりで腰紐高めしたのですが、袖付けが短いまま直していなくて帯を高めにした為おはしょりがちょびっと出ました。

色合い的にもクリスマス感満載。帯は白ベースのクリスマス柄ラメ入りニトリ帯と迷いましたが、ビミョーに出ているおはしょり(乱れがちだし直しにくい)が目立たないように同色の黒にしておきました。

 

襟合わせを先に決める対丈の着方

今回はすなおさんの動画にあった対丈浴衣の着方(先に襟合わせを決めるやり方)を少しアレンジして着ています。(腰紐の代わりにダイソーのスカートベルトを使用、マジックテープの伊達締めは使わず)。裏技的な動画は他にもたくさんあって色々参考になります。(ありがとうすなおさん)

※対丈着物の着方の動画もありますが今回はこちらの浴衣バージョンを採用

www.youtube.com

 

帯締めを使った角出し風の変わり結び

2巻きしたら三角に折り上げた垂れを上にしてひと結び、もうひと結びして片リボン。長く残った垂れを広げて3等分、名古屋帯を畳む時の要領で三角折りにして表が出るようにすのこ畳み。少しずらせて幅出ししたら(2列の垂れの片方は1枚、もう片方は2枚重ねで裾が輪になっている)三角折りの部分を結び目に上から差し込み、きれいに整える。2列の垂れの内側から帯締めを当て、垂れ先の長さとおふくらみの形を固定。(自分用メモなので意味不明ですみません)

帯揚げも使って片リボンにした手と垂れを広げたらもっと角出しっぽく見えるかも。

 

f:id:aki67:20211205160140j:plain

それなりにボリュームが出る帯結び

 

f:id:aki67:20211205110534j:plain

どうしてもピンボケにしか撮れない…

 

 

この着物、身丈の短さより袖付け寸法の短さが問題かも。うっかり直し忘れていたのを着てから思い出しましたが、今日は外出しないし身八つ口の乱れはこまめに直せばまぁいいかと…。数センチの差が大きく影響する部分。後で直しておかないと。