つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

マドラスチェック風ウール紬に柔らか八寸で銀座結び

今日は爽やかなマドラスチェック風のウール紬を着ています。

今まであまりしなかった色合わせかも

マドラスチェック風ウール紬

久々に着る爽やかカラーのウール紬。ちょっと薄手で色合いも今の時期にピッタリ。今日も気温は低めですが陽射しがあるので着てみました。身丈はちょっと短いので腰紐低めでおはしょり確保。襟幅で裄を稼ぎ、襟は鋭角になるべくシャープな感じになるように頑張ったつもり。

自分の引き出し以外の組み合わせ

半襟は桜色の麻の葉柄(ダイソーの手ぬぐい)で馴染ませ、帯は思い切ってグリーンをチョイス。お洋服ならグリーンは選ばないし着物でも多分初ですが、全然大丈夫な感じ。帯揚げは白地に淡い紫で部分的に鹿の子絞りが入ってます。伸縮性があって安定する鹿の子絞り(扱いやすくて好き)も全面だと冬っぽいけど部分使いなので自分的にはセーフ。ほとんど帯に入れてほぼ見えませんがw

 

今日は隠し紐ではなく帯揚げ使用

ねじり方式で銀座結び

紬の柔らかい八寸帯は滑りにくく回す時に崩れやすいので後ろ結び。今日は捻る方式にしました。隠し紐だと上辺が安定しない気がして帯揚げ使用。隠し紐と違って帯揚げなら見えても構わないからお太鼓の淵に出た分を押し込む必要もないし。私の場合、帯の中に押し込む時に上辺が崩れるパターンが多いので…。

羽根の形

今まで帯の中の部分も含めて羽根が平らになるようにしていたけど、今日のように柔らかい帯の場合は隠れている部分にタックが寄っていても全然問題ないですね。却ってその方が羽根も安定するし全体もふっくらするので、今後は今日のやり方にするつもり。羽根はもう少し短くても良かったかも?

 

部分的な鹿の子絞り入りなので上辺が崩れにくい

 

柔らかい八寸ですがそれなりにふっくら安定

 

 

昨日は曇っていたので、大相撲中継は後で見る事にして夕方からお庭の草むしりを頑張ったんですが…巨大ミミズに遭遇して半泣き。。。どこかへ行ってくれるまでそこは出来ないの別な所に移動して続きをしていたらまた別の巨大ミミズに遭遇。すっかり風が冷たくなり寒くなったのでそこで終了。

草むしりの作業自体は別にどうってことないんですよ。日焼け対策もガッツリすれば問題無いし。でもいろんな虫が出てくるのがホント嫌。ミミズもやたら大きいし毛虫がいきなりいたり、なんかよく分かんない小さいのがうじゃうじゃ出てきたり…。やっぱり花壇以外はお薬撒く方がいいのかな。

とりあえず今日は陽射しが強いのでパスかな…昨日そこそこ頑張ったし。今年は元菜園エリアはしなくていいので、それだけでもだいぶ気が楽です。