つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

謎文様のシルクウール 短い帯で銀座結び ラッキーなお買い物

今日は濃紺の謎文様シルクウールを着ています。

遠目にはほぼ無地

帯からコーデ

今日は鳥さんの八寸帯(だいぶ前に地元店の激安ワゴンでGET)からコーデ。濃紺+深紅で定番中の定番な色合わせ。半襟帯締めは色が飛びましたが淡い水色。帯を主役にしたかったので、他は抑えめな色にしておきました。

半襟は100均の草花柄の手ぬぐい、銀座結び使ったのは珍しく絞りではない正絹の帯揚げ。色はグレーベージュです。(結構押し込んでるけどやや上から撮るバストショットではしっかり見えてます)

 

柄を見やすく調整したら色合いまで変わってるし…

短い帯で銀座結び

今回の帯は短めの六通ですが、手先の柄が端から10cmもないっていう昔の帯で時々見かけるタイプ。短い帯の銀座結びは外側から帯締めを当てて長さを稼ぐパターンもありますが、今回は古い本で見掛けた方法を試してみました。

羽根から長さを確保

その方法は、羽根をかなり小さくして長さを稼ぐやり方。羽根が見えなくてもふっくらさせる芯代わりになるのでそれほど違和感がない、と書いてありました。羽根がほぼ見えない程度なら普通にやってるけど、完全に帯の中に隠れるレベルは初。そこまで短いと捻った部分が緩みそうで…。

捻り方を変えてみる

今日は何となく捻り方も変えてます。いつもは手先を上に重ねて捻っていたけど、今日は逆で垂れが上。なぜか今日のやり方の方が安定しているような…帯の素材や硬さによるのか、ちょっと謎。とりあえっず次も垂れを上にして試そうかと。

結果

緩みもなく形的にも全然OK。割と薄く適度な張りで扱いやすい帯だったのが勝因かも。手持ちの八寸は昔の短いものが多いので、別の帯でも試してみたくなりました。

 

羽根は完全に帯の中

 

それなりにボリューム確保

 

ラッキーなお買い物

去年かもう少し前だったか、着物にピッタリらしいと知って迷っているうちに夏が過ぎ…結局買わないままになっていた無印の麻ニットのボレロ。昨日素材違いのタグ付き未使用品を1100円でGET。スモーキーなパウダーピンクで合わせやすそうな色、麻ではなく強撚のオーガニックコットンですがこのお値段なら買いでしょう。

ぶっちゃけ好きなレースニットで作ればいいかなって思ってたんですよ、よくあるモモンガカーディガンの形なので。縦横サイズとか素材感はネットでも確認出来るし要は四角く縫うだけ。ただ、着心地に関係する生地の伸び具合とか端の始末は実物を見たいよなぁ…って。

結局縫わないままになっていたので偶然見つけてラッキー。もちろんコレはコレで着ますが、実物を参考にレースニットで縫うのもアリだし、もっと言えば編機持っているんだから編んでもいいんですよねぇ。編機の場合はミシン以上に猫さん立ち入り禁止にしないと無理だけど…w