つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

紺の菱模様で昭和カラーのコーデ

朝から雨…菱模様の単衣を着ています。

小物でメリハリをつけました

撥襟の柔らか紬

今日も気温低め、しかも雨。お部屋がヒンヤリしているのでインナーで調節して薄めの紬を着ました。渋い色合いの菱模様ですが、色合わせでお婆ちゃん感を下げたつもり。急いで着替えたので帯の下の皺まで気が回らずw だらしない感じでもないのでOKって事で。

 

半襟と帯のそれぞれの色に帯締めがリンク

伊達締め無しで胸紐

半襦袢には伊達締め、着物は胸紐だけで伊達締めは省略。帯板もベルト無しタイプなので背中側の帯の下は胸紐のみ。何となくそうしただけで特に狙いはないけど、背中の皺が直しやすい気がします。単純に伊達締めの使い方が下手なのかも知れませんがw

 

やや横長の吉弥結び

 

反り腰…

 

 

畑エリアの土を撤去したら土に隠れていた車庫の無塗装部分がむき出しに…。地面に近いごく一部なので自分でスプレーするつもりでいたら、数年前に塗装してくれたお店で塗ってくれるみたい。ありがたいお話だけどサービスなのかお代が必要なのかいまいちわからなくて(そこ重要w)。

サービスっぽい感じだったけど…うーん、どうなのかな。ちゃんと確認しなきゃ。