読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

近況

久しぶりだと思ったけど前回の記事から1週間余(何だか毎日バタバタしていて、ずいぶん間が空いたような気がしたけどそれほどでもなかった)。着物はほぼ毎日着ているけど、写真を撮って記事をUPする時間(というか気持ち的な余裕)がなくて。

 

実は5月の末に私のお誕生日がくるんですが、今回は自分的に大きめの区切り。このタイミングでリスタートしたいと思い、不用品の処分で色々動いています。

 

ここ数日は溜まった本(主に手作り関係)etc.の整理をしていました。一昨日ネットオフにかなり送ったのですが、一度に整理しきれなかったので今はその続きをしています。

実用書はだいぶ減りましたが、ネットオフで値段がつかない雑誌類(洋裁&編み物のバックナンバー)をどうするか考え中。実店舗(ブックオフ)なら持ち込めるけど、値段がつかないのにガソリン代掛けてまで(往復100㎞以上)行くのもなぁ…って感じで(←経験済み)。 

単なる雑誌なら資源ゴミに出すんですが、手作り系の雑誌を捨てるのはなんとなく気が進まなくて。そうなると買い取ってくれるネットの古本屋さんを利用するか、ヤフオク位しか思いつきません。

比較的人気の高いドール服の本はヤフオクで売るつもりだったので、他も一緒に出品する手もありますね。でも集中力に欠いた状態が続いているので、基本的にまとめ出品かなぁ。(点数が多いとミスりそうだし…)

 

本の処分に目処がついたら次は生地や副資材。今までもちまちまと減らしたけど、全体量から見ると大差ないので思い切って処分しないと…。

委託販売やオーダーをやめてから息子と自分のモノしか縫っていません。息子も高校生になりベーシックな物しか着ないので、子供向けの生地はほとんど使わなくなりました。それに加えて私の着物率が上がって、ストライクゾーンから外れた生地もかなりあるんですよね。

 

生地関係の宅配買取り(送料着払い)を色々検索してみたけど予想通りあまり無いようで、やっと見つけたいくつかに問い合わせをしたものの…今のところOKのお返事は無し。まぁ買い取る側の事を考えたらそうなりますよね。。。

ウエスとして再利用してくれるところを見つけたけどこちらは送料元払い。まとまった量を発送するとそれなりの金額になるので、そのままごみとして出す方が安いって事になっちゃう。

こちらもオークションがいちばん捌けそうだけど今の自分の状態を考えると…うーん。。。状態の悪いものを押し付けたくないのでチェックしてから箱売り1円スタートかなぁ。(出品数を減らせばどうにか管理出来るかな…うーん。欲しい人がいたら送料+αで箱ごとお譲り出来るんですけどね。。。)

 

 

生地関係の次に大幅に減らしたいのが古着と服飾雑貨(今のところ着物は減らせそうにないので、お洋服を減らす方向で全体量を調整しようかと…)。

中途半端な古着は捨てるかお掃除に使うけど、それ以外のものは宅配買い取りの古着屋さんに送ろうかと。気合を入れて捜したらよさそうなところが見つかったので、買い取り価格はあまり気にせずお願いしてしまおうと思います。(こちらも何箱になるか確認しないと)

 

それなりに処分した後は地雷ゾーンも含めて不用品は便利屋さんにお願いして持って行って貰うつもりです。※地雷ゾーン=物置や押し入れetc.色々思い出して辛くなる物が多くて手付かずになっているところ。今まで途中で何度もギブアップしていますが、今回は便利屋さんに来て貰うと思えばどうにか頑張れそうです。

 

 

自分的な区切りでもありますが、息子にとっても同じです。色々あった学校の件も本人に合う形で進められそうな道が見えてきました。出来るだけいい形でスタート出来るよう、お部屋を変えてスッキリするのもひとつだと思っています。

 

ところで、実家の父の手術が来月中旬に決まりました。全摘せずに済むとの事で少しホッとしていますが手術は手術。近ければ付き添いたいところですがそうもいかないので、こちらから無事と順調な回復を祈ることにします。

手術まであと1か月弱、無理のない範囲でなるべく体力をつけておいてくれたら…と思います。

 

私はこちらで今出来る事を頑張ります。

クレヨンのらくがき柄ウールに月の満ち欠け半幅(タートルイン)

今日(日付が変わったから昨日って書いた方がいいのかな…)は季節外れ気味のタートルイン。

 

f:id:aki67:20170414232341j:plain

帯が高すぎる気がして端を折り返した。

 

襦袢なしでタートルイン

ちょっと寒い気がしてタートルインにして襦袢は省略。撥襟で襦袢なしだと衣紋を気にしなくていいのですごく楽。そう感じるのはきっと半襦袢と着物を馴染ませるのが下手だからかも。(上手くいく時とグダグダな時の差がなかなか縮まらない)

 

f:id:aki67:20170414232342j:plain

帯の色でメリハリを付けたつもり。

 

幅広半幅の折り返し

この半幅は17㎝幅。今回は腰紐の位置的にお端折りが少ししか取れなくて、その位置に帯を合わせたら全体が高くなり過ぎたので少し折り返しました。帯が高めだと身八ツ口が乱れにくくていいけど、あまりにも高すぎると胴が詰まって窮屈そうに見えるし。(しかも横からの見た目が何だか変)

この帯、作った時は身長的に17㎝位がベストだと思っていたけど、最近は14㎝とかでも気にならなくなりました。

 

f:id:aki67:20170414232344j:plain

帯が長いと適当結びでもふっくらさせやすい。

 

ボリューム適当結び

手を長めに取って2巻き、垂れを上にしてひと結び。大き目のリボン結びを作って、長く残った垂れの端を残して結び目の下から輪の状態で引き出し、全体を適当に散らして完成。この帯は長さ4mで厚みもあるので結んだだけでもボリュームが出ます。

 

f:id:aki67:20170414232343j:plain

結んだだけでも結構なボリューム。

 

f:id:aki67:20170414232345j:plain

今日は髪がモワモワ気味。。。(衣紋抜きすぎ)

 

着ているもの

着物類
  • 抽象柄の紬ウール(撥襟) *腰紐 胸紐
  • 月の満ち欠け半幅(自作) *適当結び 前板なし
肌着類
  • ベア天タートル
  • ポリの裾除け長襦袢リメイク)
  • ハーフトップ+普通の下着
  • ソックス

インナーは普通の物でタートルを着て襦袢は所略。裾除けだけ付けてます。ざらざらした素朴な紬系のウールにはサラッとしたモスリン裾除けの方が動きやすいみたい。(真冬は多少動きにくくても暖かさ重視でネルの裾よけを巻いちゃうけど)

 

着付け小物の省略etc.

着物は腰紐1本+胸紐1本で着て伊達締めは使っていません。帯も基本的に前板なし。お出掛けの時はベルト付きの前板を使う事もあります。ちなみにおうちでベルト付きの前板を使う時は胸紐を抜いたり最初から胸紐を使わなかったり、その時によって色々。

おうちなら着崩れてもどうにでも出来るので、後から紐を抜いたり省略したり思い付きで色々試しています。見事に着崩れる時もあるけど、それも経験って事で。

着姿まとめ (2017年3月)

すっかり忘れてた3月分の着姿まとめ。最近は普段の記事をUPした時に下書きフォルダに足しているので、まとめて書かなくて済むので楽になりました。(他の事もこういう風に進められたら楽なんだろうなぁ…) 

 

松川菱のポップ調プリントウールでタートルイン

外出後にお着替え。自分的にかなり消耗する外出の後だったので反動で妙に派手なのを着た感じ。タートルインだけど3月なので色だけでも春っぽく。いつの間にか矢の字の形がビミョーに崩れてた(胴の部分は緩んでない)。

 

f:id:aki67:20170301183802j:plainf:id:aki67:20170301183759j:plain

 

スモーキーな切りばめ柄 銀座結び(もどき)

里帰り時に着る候補。枕なしで銀座結びにしたけど間延び感が凄い、、、襦袢と着物は襟だけじゃなく肩(後ろ)のあたりまで馴染ませることを意識したら衣紋スッキリ。

 

f:id:aki67:20170303155744j:plainf:id:aki67:20170303155741j:plain

 

格子ウールに大きなお花の銀座結び

里帰り候補の着物。八寸開き名古屋で銀座結びの練習(今回も枕は省略)。間延び感は解消したけど垂れまで短くなってたw 改めて見ると帯の模様が桔梗orリンドウに見える。春向きじゃないような、デザイン化されてるから気にしなくていいような?

f:id:aki67:20170304121540j:plain

f:id:aki67:20170304121615j:plain

 

西洋っぽい文様の黒赤ウール (銀座結びの練習)

くるりの帯結びの本(この本では「角出し」で紹介されてました)を参考に。左右の出方が多すぎた感はあるものの、今までで一番まともな形に。画像の色がうまく出ていないけど着物は黒地に深紅の柄。

f:id:aki67:20170305122932j:plain

f:id:aki67:20170305122935j:plain

 

硬めの名古屋帯で銀座結び(練習)

最近組み合わせ的にこれでいいのかな?って事が多くて、いまいちわからないまま着た感じ。張りのある額縁仕立ての開き名古屋帯で銀座結びの練習。しっかり締められなくて(特に2周目)。帯締めでお太鼓の底を形作るのにしっかり締めると前帯に皺が…。なので形がギリギリ保てる程度に緩めました。(薔薇の位置が低かった)

f:id:aki67:20170307161949j:plain

f:id:aki67:20170307161952j:plain

 

ほぼおうち仕様のままお出掛け

予定外のお出かけで急いでいたので特別な事もせずただ着替えただけって感じ。まだ雪景色とはいえ真冬の寒さではなく、日中のお出かけだったので重い和装コートは無し、モモンガ羽織のみでOKでした。枕無しの銀座結びでしわが寄ってるけど羽織で隠れるってことで妥協。

f:id:aki67:20170308220645j:plain

f:id:aki67:20170308220648j:plain

 

小物で早春仕様(のつもり)

この帯を合わせたかったので銀座結びの練習はパス。半襟は100均の手ぬぐい、畳んで安ピンで留めただけ。手ぬぐい1枚に2匹しかいない蜂を出そうと位置を調整(お尻しか出なかったけどまぁOK)。長じゅばんはモズ、色合いもシャーベットグリーンで春っぽい感じ。

 

f:id:aki67:20170310155739j:plainf:id:aki67:20170310155735j:plain

 

前日と同じクレヨンのらくがき風ウールを小物チェンジで

なにげに多色使いなので、色合わせの選択肢が多い着物。ツツジ色の系統とも相性バッチリ(昭和風味なのは仕様ですw)。気を付けたつもりだったのにまた背中に変な皺が…。帯は気軽なカルタ結び(帯締めはアクセント)。

f:id:aki67:20170311134500j:plainf:id:aki67:20170311134457j:plain

 

秋色紬に淡緑で春待ちコーデ

枯れ葉とかみのむしを連想する秋色のウール紬。淡い緑を合わせて春っぽく。明き気味の身八ツ口はタックを取って身頃に押し込む感じでごまかしてます。久々の文庫系、花文庫。羽根は2枚重ねなんですが、この画像だと1枚に見える、、、

f:id:aki67:20170312143238j:plainf:id:aki67:20170312143235j:plain

 

七宝絣で春待ちコーデ

この着物も秋っぽい色合いですが、半襟帯留めで早春コーデにしたつもり。久しぶりの「二段のしめ片ばさみ」はなんだかヘロヘロ気味…。後ろ手で力が入りにくくて背中心の皺が上手く直せなかったけど、ふと思いついて帯の下から手を入れてみたら直せました。(直した後の画像はないけど…)

 

f:id:aki67:20170314154149j:plain

f:id:aki67:20170314154152j:plain

 

袖着け寸法のお直し後(銀座結び練習)

妙に身八ツ口が開くと思ったら袖付け寸法が20.5㎝、、、腕が見える勢いなのも納得。虫止めを解いて手縫いでちくちく縫い合わせてから虫止めで完了(前24㎝、後ろ23.5㎝←衣紋を抜いて着るので誤差程度だけど差を付けてみた)。結果はバッチリ。パカパカしなくて着やすくなりました。銀座結びは相変わらず歪み気味。帯締めを掛けて垂れを手繰る時に曲がっちゃうみたい。

f:id:aki67:20170315180311j:plainf:id:aki67:20170315180308j:plain

 

幾何学ウール紬に花織半幅

帯揚げは身八ツ口が広がるのをごまかすのに後から足した(袖着け寸が不足しているのは抜いた後に直した)。なんとなくトリコロールな色合わせなのでこじつけで春って事に。

f:id:aki67:20170316162100j:plainf:id:aki67:20170316142115j:plain

 

チロルテープで小穴を隠した縞々ウール

吉弥結び、締めた時はそれなりになってたハズなのに結局皺々。後ろに回す時に崩れるのか、帯締めがきつすぎるのか、そもそも結び方に難があるのか。。。帯は甘め、半襟は辛めで組み合わせ的にどうかと思ったけど、着物が甘辛なせいか意外と大丈夫だった。

f:id:aki67:20170317201228j:plain

f:id:aki67:20170317201231j:plain

 

うねうねウール絣に部分縞の名古屋

何をどう着ようかなかなか決められなかったのでとりあえず銀座結びの練習。巻き始めの手先を畳む方向が逆だったことに気付く。正しい向きにしたら緩まなくて締めやすくなった(当たり前)。枕も帯揚げもなし、前板も省略。それはそれでいいと思ってる。

f:id:aki67:20170318145501j:plain

f:id:aki67:20170318145504j:plain

 

お直し着物とリメイク半幅をまとめてお試し

小穴を塞いだウール着物と八寸名古屋2本をリメイクした半幅でコーデ。意外としっくりきてる感じ。この半幅は上の紺の着物(うねうねウール)に合わせてもいけそう。気になってたラメ(劣化した銀糸)も散らばらなくてよかった。

f:id:aki67:20170323155627j:plain

f:id:aki67:20170323155630j:plain

 

重めの色で春コーデ 自作のゴムベルト

濃色の着物に軽めの色の小物で季節感を出したつもり。ゴムベルトはパーツを使って自作。リボンっぽくなるように細工(一応長さも調節出来る)。この着物は晒の半襦袢だと滑りが悪いので、肩布を付けた方が着やすいかも。

f:id:aki67:20170325133415j:plain

f:id:aki67:20170325133418j:plain

 

 

3月は16回+@(ブログに上げていない日もあったので)。里帰り候補とか言って事前に色々着てた割には、実際に持って行ったのはほとんど違う着物だったっていうオチ。

比較的薄手の着物を持って行ったけど、やっぱり神奈川では日中暑くて肌襦袢代わりのキャミがびっしょりになることも多かったです。行きと帰りのどちらも神奈川の気温が低めで、気温差をあまり考えずに済んだのが救いでした。

 

帰宅後は毎日2枚ずつお洗濯していたんですが、最近購入したスラックス用の洗濯ネットが大活躍。そのまま洗濯機へ入れても大丈夫ですが、私はネットに入れた状態で軽く押し洗いしてから洗濯機(ニットコース)で洗っています。

変な皺が付きにくくてすごく楽。頻繁に洗う方にはお勧めです。そろそろ「いかにも冬物」なウールを奥にしまう時期なんですが、連日のお洗濯も今年は楽に出来そうです。