つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

あっさり更紗のウールでコントラストコーデ ベルト無しメッシュ帯板

今日は昨日とは別のオレンジのウールを着ています。

帯周りの濃色でメリハリをつけました

あっさり系更紗のウール

無地部分多めのシンプルな更紗、セットで着たことはないけど羽織とのお対です。よく見るとお花の部分が凝っていてカワイイ感じ。昨日は同じオレンジでも同色でコーデしましたが、今日は深い青緑の帯周りで甘くなり過ぎない&引き締め効果も狙ってみました。

 

お花の中にカラフルなお花が描かれています

 

ベルト無しメッシュ帯板

いつもの帯板がダメになって、代わりに使っているものは動くと帯の中が蒸れる感じ。気温が低めでも湿度が上がってきたし。ずり上がる感じもいまいちなので、今日はベルト無しのメッシュ帯板にしました。今日は帯の色が濃いので黒を使用。

帯周りの着付け用品って淡いピンクとかが多いけど、濃い色の着物や帯なら喪服セットに入っているような黒い物を愛用中。チラ見えしても目立たないので何となく気が楽です。

 

羽根が短かった銀座結び

 

全体がもうチョイ低くても良かったような

 

 

ボブに戻す前に思い切ったアシメにしたけどちょっと飽きてきた感じw 前下がりのグラボブ自体は好きだし、短い方が耳に掛かる位まで伸びれば扱いやすいので早く伸びないかなぁって思ってます。今の長さだとマスクのゴムで変にはねやすくて。

マスクをしなくていい場面が増えてきたようですが、基本的に気温が低くて涼しい場所なので「暑さを我慢してまでつけなくても…」みたいな感じはあまりない感じ。道内でも感染者が多い地域なのでまだまだマスクは必需品。

眼鏡が曇ったり蒸し暑かったりっていう不便さはあるものの、肌荒れ隠しになるので結構便利に使っているところもあったりw でもやっぱり根本的にコロナが収まってくれるのがいちばんですよね。