つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

レトロポップなちょうちょの単衣(対丈)

雨のち晴れの今日はサラッとしたウールを対丈で着ました。(秋らしさゼロ)

f:id:aki67:20170910135028j:plain

パステルちょうちょにお花の半幅…どう見ても春コーデだけど気にしない

 

f:id:aki67:20170910135031j:plain

ずんぐり見えないように衣紋は抜き気味

 

f:id:aki67:20170910135032j:plain

小さめの文庫(お端折りは後ろだけちょっと出てます)

 

f:id:aki67:20170910135027j:plain

実は半襟もお花(春にこのコーデで着たい)

 

対丈で衣紋を抜いているので前側のお端折りは無し、後ろにちょびっと出ています(背中の皺を取るのに少し出ている方が便利)。対丈の時は腰紐を高めにしておくけど、今回は前側が帯からはみ出したので、後から中に隠しました。

この帯は柔らかいので、皺が出ないように1周目と2周目はしっかり重ねて幅出しは無し。前板は基本入れない派なので。

 

物凄く春のコーデだなぁと思いつつ、このちょうちょ柄を見たら着たくなったので着ちゃいました。気分が滅入る時は思い切ってこういうの着ちゃうのもアリかな?と。(結局昨日は細切れ睡眠でぐっすり眠れなかったし…←寝過ごさなくてよかった)

調子悪い時ってど派手なのとかアクの強い「やけっぱち系」を着るパターンもあるけど、攻撃的なのは気分的に違う感じ。自分に足りない要素を入れたくなるのかな?って考えると、今の自分は可愛げがないのかなぁ(ってよくわかんないけどw)。

ま、ぐちゃぐちゃ考えずに好きなのを好きに着たらいいんですよね。何着ようかな?って思える位だから十分元気って事だし。