つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

塩沢紬っぽい白地の単衣を珊瑚色でコーデ メッシュ伊達締めで胸補正

今日は見た目の涼しさで白地の紬にしてみました。

今日もコントラストコーデ

白地の紬

そこそこ気温は上がる予報(24℃)でしたが、曇りで体感的には大して暑くなさげ。浴衣三昧は7月&8月に取っておくことにして単衣の紬を着ました。…が、着た後に気付いた背中の皺を直しているうちになんとなく汗ばんで髪がもわーんと広がっちゃいましたw

あってもいい皺・余計な皺

コーデはいつも通り帯まわりでコントラスト。柄の色に合わせた半幅の珊瑚色を効かせました。それにしても光沢のある紬って皺が目立つ…ゆったり目に着たけどまだ変な皺が目立ってる感じ。あっても気にならない自然な皺なら全然OKですが、もっさり見えがちな攣れ皺をどうにかしたいなぁ。

 

帯締め半襟の色をリンクさせました

横着な胸の補正

皺が目立つ紬対策で胸の補正をしておきました。と言ってもハーフトップ無しでGUのドライインナーを着た上からメッシュ伊達締めを巻くっていう横着な方法w ベルクロで留めるだけなので簡単に胸を潰せて身八つ口も乱れにくい。とにかく暑くないのが良いし、メッシュでお洗濯後の乾きが早いのも利点かと。

 

背中の皺を直したら袖が前に被ってイマイチな感じ

 

腰紐と一緒に帯までずり上がったような…

 

 

午後になって雲が消え気温もやや上昇、それなりに暑くなってきましたが窓を開けて風を通せばクーラー無しでも大丈夫な感じ。神奈川に住む両親は昨日も暑くて大変だったようで、リビングのクーラーを入れてずっとそこで過ごしていたようです。

まだ6月なのにホントどうなっちゃうんでしょうね。四季を楽しめる位に落ち着いてくれるといいのに。。。