つくしんぼうと山桜

手抜きしつつ毎日着物で過ごしています

起毛ウールのカラフル着物に渋い市松で銀座結び

今日は超久々に起毛のカラフルウールを着ました。

あえて渋い色でコーデしてみる

 

カラフルウール

初期も初期に一目惚れして購入したリサイクル着物で、とにかく元気な色合い。このトーンに合わせてコーデするのはもう厳しい気がして(買った時点で既に厳しかったけどw)、あえて渋めの色を合わせてみました。

寒くて黒い茶羽織を羽織っていますが、カラフルな面積を減らせば案外大丈夫な気がします。

 

ぼかしっぽいグラデーション入り

 

松八

渋い色合いの八寸帯はアクセントな無地部分を出して巻きました。お気に入りの帯に余計な皺をつけたくないので捻らずに畳む方式にしています。

2周目で帯幅を出しましたが急激に広くすると折りにくいので巻く高さも少しずらせています。襦袢無しのタートルインなので帯揚げ代わりの胸紐を帯に隠して帯板も省略。

イメージより平らになって見た目が大きく羽根もやや長いけど歪んでないからOKって事に(レベル低過ぎw)。

 

畳む方式で銀座結び

 

かなり平らな感じ

 

来週から一気に冷え込みが厳しくなるらしく、なんだか溜息。冬道の運転は疲れるし雪かきも憂鬱…まだ始まってもいないのに早く終わらないかなぁって感じ…w