つくしんぼうと山桜

祖母を想って着物を着ています

なんだか暑い…よろけ縞の浴衣を襟付きで

今日は地味に蒸し暑いので浴衣を襟付きで着ています。

重くなり過ぎないように帯は明るめ

一応暦を意識

9月になったので襟付きで…と思ったらなんだか蒸し暑いので浴衣を襟付きで着ています。いかにも浴衣~って色柄を避ければ全然OK。気候も昔と違うし、体感温度的に大丈夫な範囲で昔ながらの着物の暦もなんとなく意識する感じでいいと思ってます。(ここは北海道なのでまだいいけど、本州とかまだものすごい暑いですもんね)

 

あえて夏っぽい色の帯で

夏秋混在

浴衣は重め暖色で秋らしいと言えば秋らしいけど、帯まで暗い色にしたら暑苦しく見えるので黄みがかった明るい水色に。夏向けな色ですが、自然の景色や気候だって9月に入ったからといって急に秋に切り替わる訳ではないので、着るものも同じでいいと思ってます。

 

矢の字の垂れを結び目にくぐらせてそのまま垂らしました

 

柔らかい帯なので帯締め必須

 

 

この格好でお昼前に買い物に出たら、帰宅後にちょっと汗ばんじゃいました。でも真夏と違って買い物中に額の汗を拭くような感じではなく、だいぶ楽。あっという間に寒くなるので、それまではサラッとした単衣を楽しみたいです。